大口たたみ店 お気軽にお見積もり依頼・ご相談ください

取扱い商品とサービス
畳の表替・裏返
六角畳
洗える畳「きらり」
市松
一本縁
美草表・柄表
縁
TOP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一本縁

【特徴】

 一本縁(いっぽんべり)とは、隣り合った畳の縁が2本重ならないように、縁なし畳を一部に敷き込む方法のことです。

 図を見てください。

 四畳半の部屋も、六畳の部屋も、真ん中に敷かれている畳が[A]は通常のように縁を付けた畳、[B]はへりなし畳を敷き込んでいます。

 [A]の縁が二本重なっている畳の敷き方よりも、真ん中をへりなし畳にした[B]の方がすっきりと見えることは自明の理です。
 これは、江戸時代に生まれた技法で、たいそう流行した方法です。江戸の「粋」が感じられますね。部屋をすっきりと格好良く見せる効果は抜群です。

 町屋や古い家屋が見直されている今、畳を敷くときにこの方法を使ってみてはいかがでしょうか。

[A]
四畳半
六畳
[B]
一本縁四畳半
一本縁六畳

大口」たたみ店キャラクター

資)大口たたみ店
名古屋市熱田区
新尾頭1-12-11
tel 052-682-3940
fax 052-682-6540

e-mail tatami@aba.ne.jp

会社概要
我社の特色
現況と展望
  All contents Copyright (C) 2005 OguchiTatamiten.Inc. All rights reserved